FC2ブログ
ちくちく・ことこと ~ちくちく和裁ときもののこと TOP  >  着物や布の話  >  ・・買う・遊ぶ・色々 >  東北旅行・宮城県・若柳地織

東北旅行・宮城県・若柳地織


3月後半のこと。
東北方面をふらりと旅してきました。
東北最初のゴハンがこちら。
DSC_12250404.jpg




わかやなぎ農産物直売所くりでんで、お餅と卵焼き。
ここのお餅の種類が圧巻!
DSC_12240404.jpg


なぜここまで来たかというと、
若柳地織をいうのがあるのを知り、訪ねてみようと思って。
ネットで調べてみると、伊勢木綿や会津木綿と同じ、
トヨタ式の織機を使った木綿らしい。
暴風雨の中、訪ねてみると・・・
DSC_12260404.jpg
定休日ではなさそうなのですが、お休みでした・・
電話もつながらず。残念。
玄関左にかけてあった布をガラス越しに見ると、
会津木綿より少し薄手かな?という縞中心の布。
出張販売もされているようなので、またどこかで出会えたらいいな。

このあたりから仙台に戻るバスが1時間に一本。
バスが来るまで時間があったので、ちょっとお散歩してみましたが、
なにせ暴風雨。持っていた折り畳み傘がひっくり返って大変。
なので、バス停そばのくりでんミュージアムに避難。
2007年に廃線になった、くりはら田園鉄道の記念ミュージアム。
これがね、なかなか面白かったのですよ。
電車の車体もあったりして。
イベントの時には、敷地内を運転することも出来るんですって!!

大急ぎでくりでんミュージアムを見せていただいて、
栗原市には2時間ほどの滞在で仙台へ戻りました。
栗原市内には「正藍冷染」もあるのです。
今回のリベンジもかねて、また是非訪れてみたい地域です。




instagram きもの備忘録→
instagram 日々のごはん→

和裁教室してます。
・ヒトコマ 2時間半 料金お問い合わせください。 
・最寄り駅 京都市営地下鉄五条駅 出張はご相談の上
・開催日 ご都合に合わせて。
・カリキュラム 運針練習・肌襦袢のあとは相談。
・着方も教えます
・その他 販売業務・企画等 致しております。
お気軽に、お問い合わせくださいませ♪

お問い合わせ ayakonomi.kyoto☆gmail.com(☆→@)
      090-5897-9184 なかの

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

中野彩子

Author:中野彩子

関東出身。京都在住。

学生時代には洋裁を、その後京都に来てから市内和裁所にて和裁を学ぶ。
お仕立て・和裁教室・商品開発アドバイス・コーディネート・販売・カタログ通販誌監修などなど、着物周りの何でも屋さん。和裁士。着物アドバイザー。
街に溶け込む自然なきもの姿でありたい、と思う日々。
特別じゃなく、普通がいい。

連絡先:ayakonomi.kyoto☆gmail.com (☆→@)

月別アーカイブ