FC2ブログ
ちくちく・ことこと ~ちくちく和裁ときもののこと TOP  >  未分類 >  夏襦袢、直してます。

夏襦袢、直してます。


5月から着ている麻の絽襦袢、お直ししてます。
DSC_1071.jpg
大急ぎ~



直すところは
・地衿取替
・身丈出し
・身幅出し
の三か所。

地衿を取り換えることになってしまったのは、
お洗濯の失敗。
よく見ると、ピンクに染まっちゃってるのわかります?
DSC_1072.jpg
地衿もピンクに染まってしまったのです。
夏は絽や麻の透ける半衿を付けるから、
ピンクが透けちゃうのですよね・・

身丈出し。
実は今季このお襦袢を出した時点で、
お袖丈は直してます。縮んでたから。
で、着てみたら、身丈も短いことには気づいてたのです。
まぁいっかと着ていましたが、
絽を着ると、さすがに気になる。(お仕事で前倒しで着ました)
光の当たり方によっては、足りてないが透けてみえる。
特に後ろ。
あーー直さなきゃ。衿外したついでだわ。
ということで、揚げをほどいて身丈出し。

身幅出し。
このお襦袢、5年くらい着ているのかな?
体形が変わりまして。
ちょっと衿合わせしにくい??
今回結構ほどくついでに、前巾だけ少し広げました。
痩せるより直すほうが早い(涙)

ということで、この忙しいのにバタバタとお直ししてます。



お洗濯で染まっちゃうことはあんまりないでしょうけど、
特に水を通すと縮む素材は要注意です。
襦袢のお袖丈が短いと、振りから飛び出しやすいし、
身丈が短いと、前述のように足りないのが透けることがあります。

もちろん、体形が変わった方も、お直ししたほうが着やすいです。
(私としては、体形を直せるものなら直したいんですけどね・・)


夏本番はもうすぐ。
夏物のお仕立てお直しはお早めに♪


** 自宅にて、和裁教室してます。
・2時間半 3000円
・最寄り駅 京都市営地下鉄五条駅
・開催日 ご都合に合わせて相談。
・カリキュラム 特にありません。運針練習後は相談で。
       
※お仕立て・着付け・着方・コーディネートについても、ご相談ください!
お問い合わせ ayakonomi.kyoto☆gmail.com(☆→@)
      090-5897-9184 なかの
関連記事
スポンサーサイト



[ 2017/06/13 17:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

中野彩子

Author:中野彩子

関東出身。京都在住。

学生時代には洋裁を、その後京都に来てから市内和裁所にて和裁を学ぶ。
お仕立て・和裁教室・商品開発アドバイス・コーディネート・販売・カタログ通販誌監修などなど、着物周りの何でも屋さん。和裁士。着物アドバイザー。
街に溶け込む自然なきもの姿でありたい、と思う日々。
特別じゃなく、普通がいい。

連絡先:ayakonomi.kyoto☆gmail.com (☆→@)

月別アーカイブ