FC2ブログ
ちくちく・ことこと ~ちくちく和裁ときもののこと TOP  >  着物や布の話  >  ・・着る >  衿あわせ 詰める・縦に開く

衿あわせ 詰める・縦に開く

衿あわせ、比較してみました。
突然思いついてしてみたので、
お襦袢だけ、着物は着てない・・という手抜きっぷりですが。

我が家のボディはこちら。
洋裁用の4号ヌードボディ。
足一本なので回る回る。

DSC_0150.jpgDSC_0151.jpg
(※私のサイズではありません)

半襦袢は「ゑり正」さん。繰越5分(約2センチ)と思われます。
補正はウエストにタオル三枚・胸元にたたんだ手ぬぐい一枚。




さてさて。



DSC_0141.jpgDSC_0140.jpg


左・・喉のくぼみが見える、縦に細い衿あわせ。
   力の抜けた印象。こなれた大人っぽい印象。(だらしなくならないよう注意)
   衿がバストポイントより内側を通って合わさってる。

右・・喉のくぼみをしっかりかくした、開きの少ない衿あわせ。
   きちんとした場面。若々しく可愛い印象。(やりすぎると苦しそうに見える)
   衿がバストポイントの中心~外側を通る。胸を包むように。



バストと衿の関係、衿あわせで全然違う。
自分が着るときは、なんとなく慣れたようにしてしまうし、
人様の胸の辺りをじーっと見ることもないので、
改めてみてみると面白い。


今回はこれだけ。


次は、衿を寝かせるのと立てるのを比較してみよう♪


** 自宅にて、和裁教室してます。
・2時間半 3000円
・最寄り駅 京都市営地下鉄五条駅
・開催日 相談にて。
・カリキュラム 特にありません。運針練習後は相談で。
        半衿付けだけ、お直しだけ、なども受け付けてます♪
        着物の着方もお教えします♪(お問い合わせください)
・問い合わせ ayakonomi.kyoto☆gmail.com(☆→@)
      090-5897-9184 なかの
   
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/02/05 12:04 ] 着物や布の話 ・・着る | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

中野彩子

Author:中野彩子

関東出身。京都在住。

学生時代には洋裁を、その後京都に来てから市内和裁所にて和裁を学ぶ。
お仕立て・和裁教室・商品開発アドバイス・コーディネート・販売・カタログ通販誌監修などなど、着物周りの何でも屋さん。和裁士。着物アドバイザー。
街に溶け込む自然なきもの姿でありたい、と思う日々。
特別じゃなく、普通がいい。

連絡先:ayakonomi.kyoto☆gmail.com (☆→@)

月別アーカイブ