FC2ブログ
ちくちく・ことこと ~ちくちく和裁ときもののこと TOP  >  2012年05月

旅支度

明日というか、今日からちょっと東へ。

全日程通し(とは言っても最長3日間とか)で着物旅行は経験あるけど、
今回は前半洋服最後に着物。

荷物が多いのよ・・

全日程洋服で通そうかとも思ったのですが、
それもなんとなく落ち着かず。

キャリーバッグにがんばってもらって、行って来ます♪
スポンサーサイト
[ 2012/05/29 03:44 ] 着物や布の話 ・・着る | TB(0) | CM(0)

ぐし

これってなんですかー?と、最近良く聞かれるのが「ぐし」

衿・褄下・裾・袖口・・時には身八ツ口や揚げ縫いにしてある、
白い小さな点々。

私は「ぐし」っていうけど、地方や和裁所によっては違う呼び方もあるのかな?
「ぐしじつけ」「ぐしびつけ」とかかな?


いろんないわれがあるようですが、
私が聞いたことがあるのは
「そもそもは「しつけ」。キレイだから残すようになった。」
という話。

高級品に入れる、という話もあるようですが、
私の修行先では基本得意先の指定どおり。
袷の喪服や黒留袖には大抵入れる。入れる場所は指示通り。
得意先によっては、すべての商品に揚げ縫いまで入れる。


どこかで耳にしたことがあるのは
「しつけなんだから入れない」という呉服屋さんもある、という話。


・・・というわけで、
頂いた着物やリサイクルの着物に入っていた場合、
一生懸命外さなきゃいけないということはありません。




この「ぐし」、入れ方にも二通りありまして。
返しぐし・・一目ずつ返し縫いする(私はこちら)
縫いぐし・・運針の要領で、小さい目を出す

あんまり好みじゃないし、外したいなーということもあると思います。
が、丁寧にオネガイシマス。
返しぐしの場合は一目ずつ拾わないと外せないし、
縫いぐしもどこに玉止めしてあるか分からない。無理に引っ張ると布地を傷めます。




私個人的には「いらないんじゃない??」と思わないこともないのですが・・
うーん、喪服・黒留袖は、ほとんど入れていたので「入っているもの」という気持ちもあるかなー

でも、キレイに揃ったぐし目を眺めるのは好き。
ものすごく集中して、キレイに入れられたときの達成感もたまらない(笑)

和裁士さんの腕の見せ所、とも言うらしいです。
全体的にスッキリしあがってるのが一番だとは思いますが^^




時には「ぐし」の縫い目を眺めてみるのも、面白いかもしれませんね♪
[ 2012/05/26 00:43 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)

色無地何色?

ラッキーなことに、おうちで眠っている白布地を染めてもらえることになりました♪

頂き物の一越ちりめん(たぶん)と大島(なぜか大島の白布地)。
見てもらってそれからになるけど。

ただ、紋織じゃないから面白くないのよね・・と、友人に話してる途中でひらめいた!
刺繍で付け下げにしてもらお♪
ワタシの着付けの先生が、そんなことをしてたのを思い出したのデス。

自分で刺繍をするべく習いに行くか、お願いするか・・





そうそう、先日京都の白布地屋さん、「小田織物」さんで小千谷縮の麻絽襦袢を購入。
お店が近いこともあり、ネットで購入後直接引き取りにお伺いしました。
引き取りついでに色々布地を見せてもらって・・面白かった!!
布地を決めて、好きな色に染めてもらって・・なんて、楽しそう♪



いつかお願いしよう♪と思っていた矢先の白布地を染めてもらえるお話。
とっても楽しみ♪

大阪タイフェスティバルと着物

暑かった昨日土曜日。

キモノのお友達に誘われて、大阪城公園で開催されていたタイフェスティバル2012に行ってきました♪

キモノつながり、いつもキモノで遊んでいるお友達達の集まり・・とはいえ、
ほんとに着物で行くの??と、実は半信半疑だったのですが、
さすがきっちり皆さん着物(笑)
暑くてもしっかりコーディネートできちゃう着物好きさんばっかりのあつまりです^^


たまにはみんなのコーディネートを。

2012-05-19 14.11.55
サマーウール&ウールコンビ。

2012-05-19 12.32.52-1
ウールコンビの間に、有松絞り。

2012-05-19 10.32.29-1
これワタシ。ちょっと透ける、たぶんサマーウールに麻の帯。


タイフェスティバル、美味しかった♪
2012-05-19 12.34.21
久々のタイ料理にタイビール。
レトルトのタイ料理も買い込んじゃった(さすがにタイ米5キロはあきらめた)。
20日日曜まで開催。




このあと日本橋の着物屋さんに移動。
みんな仲良く一反づつ、単衣用に反物を買ったのでした。
たぶんお店の在庫品だったのかな?3000円前後で買えちゃった。
またお仕立て待ちが増えたー(笑)


「コリス」 東山の洋食屋さん

先週末のこと。

久しぶりに、東山のコリスでランチ♪
ずっと前にお邪魔したとき、とーっても美味しかったし、
美味しいお店を良く知っているお友達がしょっちゅう通っていたり・・
で、そろそろ行きたいなーと思っていたのでした。

土日は特に混みあうので、事前に予約。
スムーズに入れました。

休日ということで、ランチでしたがお食事スタイルではなく
ワインと一緒に♪

美味しそうなメニューに目移りしまくり、決めるのが大変!
カンパチのカルパッチョと豚のチーズカツレツにしましたー。

カンパチはこちら。
2012-05-12 12.57.54
キレイでしょー♪
とっても美味しかったし!

豚のブルーチーズカツレツはこちら。
2012-05-12 13.27.22
ワイン一杯くらいいいよね・・だったはずが、コレのおかげで赤ワインをオーダー(笑)
とーっても美味しかった!



この日はその後、
アートゾーン神楽岡のひびのこづえ展へ行き、
なんとなく吉田山に登ってしまって茂庵でビールを飲み(私も連れも着物で草履^^)
日本インドネシア服飾文化協会関西支部設立のパーティーに一瞬だけ寄せて頂き(残念最後まで居たかった・・)
その後ファッションカンタータ
終わっていつものラ・カラ

ちゃんと書き出しても大忙しだけど、
実際当日訳が分からなくて、タイムテーブルをメモ書きして持ってました(笑)





コリス、最後にお邪魔したラ・カラのみどりちゃんもお気に入り。
行ってきたよーって話したところ、
ホタテの山椒何とかがオススメ!とのことなので、次回は頼んでみるつもり。


京都は和食はもちろん、洋食も美味しいお店がたくさんあります♪

[ 2012/05/18 20:32 ] 京都のオススメ | TB(0) | CM(0)

あついあつい

京都。
4月の末ものすごく暑くて、
先週土曜はすごく涼しくて、
日曜は日中暑くて・・

4月早々に単衣を着て、
もう袷はしまっちゃえ!と思ったら、
5月にまた涼しくなって・・

温暖化+訳の分からない気候で困っちゃいます。



天気予報を見ると、今週末も夏日になるみたい。
もう袷は出番ないかなぁ。

というわけで、単衣&夏用お襦袢の準備開始デス。



以前に銀座くのやさんで購入した単衣×2を寸法直してー
頂き物の小さい麻着物を、麻襦袢に直してー
洗い張りした袷の大島、単衣に仕立て直してー
直しかけの小千谷縮、最後まで直してー
仕立ててない八寸帯&紗の博多帯、早く仕立ててー
浴衣も反物のままのが2反あったなー
・・・

自分のことって、全然進みません(笑)



自分で浴衣を仕立ててみようかなー?なんていう方、
今からがんばればきっと間に合うはず!
チャレンジしてみてはいかがでしょうー?





福岡・和裁講習会

やっとゴールデンウィークも終わりまして、
やっと福岡の続きを書いてみます。

福岡への目的は、ゴハン食べ・・ではなくて、
和心菊さんでの、着物お直し講習会。
メニューはこんな感じ

「単衣の裄出し」「袖口・袖付けのほつれ直し」「替え袖」「お尻のほつれ直し」
この4項目を、ワタシの実演を見ていただきながら、
ポイントを説明する、というカタチで開催しました。


実際に手を動かしてもらうのではなく、
私がしているところを見ていただく、というのは、どうなるかしら?
とも思っていたのですが、
ワタシにとっては普通の作業でも、皆さんにとっては目からウロコなことも多かったようで、
作業を見ていただくカタチもなかなか良かったなーと思っています。

意外と自分でも出来る、と気づいていただけたようです。
来てくださった皆様が、さらに着物ライフを楽しんでいただけたら嬉しいです♪



講習会については、秋にも開催できれば・・とキクちゃんと話しています。
何かリクエストがあれば、和心菊さんまで♪





**********************************************************************

京都でも細々とお教室をしています。
分からないところだけ教えて!でもいいですし、
(先日は、「羽織の衿が取れたから、直しついでに構造が知りたい!」というお稽古も)
何かカタチにしたい!でもOK。
(今、二部式襦袢の上&お袖を作っている方と、浴衣に取り掛かった方が居ます)

お気軽にお問い合わせください♪



プロフィール

中野彩子

Author:中野彩子

キモノプランナー/和裁士
関東出身。京都在住。

学生時代には洋裁を、その後京都に来てから市内和裁所にて和裁を学ぶ。
お仕立て・和裁教室・商品開発アドバイス・コーディネート・販売・カタログ通販誌監修などなど、着物周りの何でも屋さん。
街に溶け込む自然なきもの姿でありたい、と思う日々。

連絡先:ayakonomi.kyoto☆gmail.com (☆→@)

月別アーカイブ