FC2ブログ
ちくちく・ことこと ~ちくちく和裁ときもののこと TOP  >  2012年02月

結婚式二次会♪

おととい日曜日、結婚式の二次会に行って来ました♪

新婦ちゃんは、私が友人達と主催するキモノイベントのお客様。
はじめてあった2年前から、今ではイベント関係なく仲良くしてくれてる子。

この二次会に際して、
まずは彼女が着る振袖の寸法直しから関わらせてもらいました。
お直しとはいえ、自分が関わったキモノを着て幸せそうにしている姿を見せてもらえるのは、
和裁士冥利に尽きるというものです♪

なかなか面白い二次会で、会場はライブハウス。
新郎や新郎友人のバンド演奏などもあり、とっても楽しい時間でした。

新郎、普段からキモノを着る人ではないそうなのですが、
長着に羽織でベースを演奏する・飛んで跳ねる・・と、
とっても楽しそうにしてました。
改めて、「着物着てたって、何でも出来るんだ・・」と変なところで
感心してしまいました^^

出席してた私の知り合いも、ほとんどがイベントで知り合った方々。
普段ゆっくりお話しすることもあまりないので、
こんな席でお会いできて楽しかった♪



当日の私のコーディネートはこんな感じ。
2012-02-28 18.01.58

総絞りの小紋にポリの帯(立食かも・・と想像して。実際ビュッフェ形式だったので、正解かも^^)
帯揚げは、キクちゃんと企画した「メロンソーダ」。
写真には写っていませんが、半衿は黒にシルバーで牡丹の刺繍。

この小紋、褒められ小紋でした♪
使い勝手も良いと思うのですよね。
帯次第で、オシャレお出かけからちょっとフォーマルまでカバーできるし、
色がシンプルなので、帯の色を選ばない。

ただし!写真に写るときは、濃い目のバックで光が当たるところがいいかも。
写真で見ると、輪郭があいまいになって、なんとなくぼんやり。
私がシャープな体型じゃないっていうのも原因かもしれませんが・・(泣)

久々の、ちゃんと正絹の着物を着ておでかけ、楽しかったデス♪
Mちゃん、末永くお幸せにー♪





************************************************************************

3月9日~12日、京都市下京区で
和心菊 京都支店!?ガレージセール」します。
和心菊さんについては→コチラ
福岡から、ウール着物や羽織がやってきます♪
オリジナル帯揚げも販売いたします。

是非のぞきに来て下さい♪

*************************************************************************














スポンサーサイト
[ 2012/02/28 18:36 ] 着物や布の話 ・・着る | TB(0) | CM(0)

和心菊 京都支店!?

福岡のリサイクル着物屋さん「和心菊」さん。
ここのキクちゃんと相談して、期間限定「和心菊・京都支店」することにしました♪
支店・・とは言っても、ガレージセールです^^

ウールの着物を中心に、羽織も少々。
普段着着物のリサイクルがほとんどです。

ウールの着物中心にしたのは、私が好きだから。
昔のウールの柄はかわいいのが多い!
ちょっと居酒屋さんに飲みにいって、ビールの雫がこぼれても気にならない!

キクちゃん曰く、「ウールの着物、100枚位あるよ~」とのこと。
こんなにいっぺんに見られることってないので、
私自身が荷物の到着をワクワク待ってます♪

キクちゃんからの、破格の値段設定!
ウール着物はすべて1000円で販売致します。



***************************************************************

「福岡のリサイクル着物屋・和心菊 期間限定京都支店!?」
期間 3月9日(金)~12日(月)
時間 11時~18時
場所 京都市下京区室町通六条下る(花屋町上る)東本願寺の北側辺り
最寄り駅 地下鉄五条駅
(駐車場ありません。住宅地につき、ご配慮ください。)


***************************************************************




今回、帯などのお取り扱いはありませんが、
会場から北に向かって歩いていくと、
かわいい普段着着物を置いているお店などあります。
ここを起点に、着物屋さんめぐりしてみるのも楽しいかも♪


お問い合わせ
090-5897-9184
ayakonomi.kyoto☆gmail.com (☆→@に変えてください)
なかのあやこ


着物のおしゃべり出来たら嬉しいです♪
お気軽に覗きに来て下さいね!


[ 2012/02/23 11:43 ] きものこもの屋 | TB(0) | CM(0)

送別会

昨晩は、同じお店に集まる面々から、ひとり京都に離れる子がいるということで送別会。
ワタシはまだまだこのチームではルーキーなのですが、
とっても楽しい方たちに混ぜて頂いて来ました♪

とりあえず、四条新町の角まで来て!と言われ、どこにいくんだろ?と思ったら、
そこからもう少し上がって新町錦の南西角、元ガスパールでした。
というか、ガスパール、閉店しちゃってたのね。
フレンチであることは変わらず、カジュアルながらも美味しいフレンチ。
・・ところで、今の店名は??聞くの忘れちゃった。

その後はいつものコース、木屋町と先斗町の間「ラ・カラ」→木屋町松原「kao」。

最後チラッと四条烏丸の「bar52」に寄って帰りました。

最近おうちにこもってた反動?
しっかり楽しんだ夜でした♪

それからやっぱり思うのが、ラ・カラで飲むビオワインは、次の日楽。
安心して飲めます(笑)





*** キクちゃんと企画したオリジナル帯揚げ予約受付中です。
*** 京都にて、ウール着物のガレージセール画策中。3月9~11日で予定してます。詳細また。

留め。

着物のお袖の留め。
 袖口のあきどまりの留め。
 女性モノの袖付けの留め・前と後ろ。
 男性モノの袖付けの留め。
衿の付けどまり。


どれもみな、よく着ていると緩んだり外れたりしてくるところ。

↑はどれも、縫うのとは別に、糸を結んで取れないようにしてあります。
ちなみに、衿の付けどまりも。


緩んだだけなら、きゅっと結びなおせば直せます。

お袖なら・・
 1・裏袖の袖付け縫いを解く
 2・留めのところを、そっと引っ張り出す。
 3・緩んだ留めを一度解いて、しっかり結びなおす。
 4・ひっぱりだしたところをしまって、解いた袖付け縫いを元のように縫い直す。

衿付けどまりは・・
 1・つましたを少し解く(衿付けどまりより少し離れたところをあけたほうがいいです)
 2・留めのところを探し、一度ほどいてしっかり結びなおす。
 3・もとにもどして、解いたつましたを元のように縫い直す。

ただし。結んだ留めが短く切ってあると、結びなおすのが至難の業。
あけてみないとわからないのですが・・



問題は、留めが緩んだだけじゃなく、
布ごと引きちぎれて穴が開いてしまったとき。
主に袖付けで起こりますよね、こういうこと。

 当て布を小さな針目でつけて(モノによっては接着芯を貼って)から、同じ場所に留め直す。
 または、袖付け~身八つ口を少し深く縫い直して、お袖を付け直す。

・・文章では説明できない手術が必要になります。
(ワタシの言葉が足りない&図解できればいいのですが出来ない・・スミマセン)

こんなときは、呉服屋さん悉皆屋さん和裁士さん、
もしくは着物が縫える近所の人(探すと時々いらっしゃいます!)にお願いしましょう。



さっき仕事で男性の袖付けをお直ししました。
酔っ払ってお袖を引っ張ったんですって。(どんな状況?)
きっと楽しかったのでしょうねー^^

そういえば、自分の着物で、あちこちに袖口を引っ掛けて袖口の留めがゆるんだのがある・・
なかなか自分の物には手をつけないのですよね^^
着るたびに「あーそうだった!!」のくりかえし。

明日覚えてたら直してあげよう♪






*** キクちゃんと企画したオリジナル帯揚げ予約受付中です。
*** 近々京都にて、ウール着物のガレージセール画策中です。



モリタ屋 京都伊勢丹店

昨日は、起きたら雪景色!な京都でした。

とはいえ・・我が家の辺り、道路は全く積雪なし。
屋根や車の上、ガレージに入るななめの・・(名称が??)はしっかり積もっていました。
facebookに次々掲載される京都市内の友人の写真を見ると、
少し北に上がったら、結構な雪だったようです。

昼間はほぼ晴れ、時々小雪がちらつくお天気でした。

そんな中、予定が飛んでお暇になった友人とランチ。
モリタ屋伊勢丹京都店へ。

昨日は、京都駅の大階段駆け上がり大会・・という、
シンジラレナイ(笑)イベントをやっていたこともあり、
なんとなく京都駅に向かい、レストランフロアをウロウロしていたら、
市内方向のレストランの中で、並んでいなかったのがモリタ屋さんだった、という
ゆるいチョイスだったのですが。

これが大正解。
市内に向かうカウンター席から、京都市内一望!!
2012-02-18 12.05.42
(北山方面、雪でまったく見えてませーん。)

そしてお肉美味しい♪♪
ワタシのひとくちステーキも、友人のローストビーフも、とっても美味しかったです♪




ワタシは関東育ちなので、周囲を山に囲まれているという状態は
今でも不思議な感じなのですよね。
広い平野部にお住まいの方は、
この景色から「盆地」を感じてもらえるんじゃないかと思います。
恐らくモリタ屋さんの並びのお店も、この眺望のはず。

京都以外のお友達が来たら、連れてこようかな?と思いました♪

モリタ屋さんについては、くわしくはコチラ。









*** キクちゃんと企画したオリジナル帯揚げ予約受付中です。
*** 近々京都にて、ウール着物のガレージセール画策中です。


着物のおしり・2

着物のおしりが裂けた!ver2。

昨日は、「糸が切れた」時でした。

今日は「布が裂けた」時。

この場合、単純にそこだけ縫えばいいというわけではないのですが・・
とりあえず、「ちょこっと直すなら」

1・中に手を入れるために、左後ろ身頃の胴ハギ(胴裏と八掛の縫い合わさったところ)か、
  左袖の裏の袖付けを解く。
2・直すおしりの辺りを引っ張り出す。
3・表身頃と裏身頃がとじ糸でくっつけてあるので、直す辺りのとじ糸を外す。

4・裂けてしまったところより深く背を縫いなおす。
   (その際、当て布をしたり、接着芯を貼ったりすることもあります)
   (裏も同じくらい深く縫い直したほうが身幅が合います)


5・とじ糸を外したところを、元のように縫い直す。
6・引っ張り出したお直ししたところを中に戻す。
7・中に手を入れるために解いた胴ハギ、または袖付けを元のように縫い直す。



これでとりあえず、着られる状態にはなります。
ただ、布が弱ってしまっているので、ちょっとキケン。

柄や布地のヤケ具合によりますが、前後をひっくり返して仕立てなおすことも可能です。
こんな場合には、お近くの呉服屋さんや悉皆屋さん、和裁士さんに相談してみるといいですね♪




*** キクちゃんと企画したオリジナル帯揚げ予約受付中です。
*** 近々京都にて、ウール着物のガレージセール画策中です。


着物のおしり・1

着物のおしりが裂けた!

特に、頂きモノやリサイクルの着物を着ているとそんなことが起きることも・・

状態によって、縫ってある糸だけが切れたり、布が弱っていて縫い目のところから裂けたり。
おしりの所は、立ったり座ったりでどうしても負担がかかるから、
こんなことが起きちゃうんですよねー


先日お友達から、「袷の着物のおしりの糸が切れちゃったんだけど、どうやって直すの?」と聞かれたので、
ここでも説明してみます。


1・中に手を入れるために、左後ろ身頃の胴ハギ(胴裏と八掛の縫い合わさったところ)か、
  左袖の裏の袖付けを解く。
2・直すおしりの辺りを引っ張り出す。
3・表身頃と裏身頃がとじ糸でくっつけてあるので、直す辺りのとじ糸を外す。
4・おしりの糸が切れたところを縫い直す
5・とじ糸を外したところを、元のように縫い直す。
6・引っ張り出したお直ししたところを中に戻す。
7・中に手を入れるために解いた胴ハギ、または袖付けを元のように縫い直す。


完成~!!デス♪




*** キクちゃんと企画したオリジナル帯揚げ予約受付中です。
*** 近々京都にて、ウール着物のガレージセール画策中です。

映画「しあわせのパン」

映画「しあわせのパン」見てきました。
http://shiawase-pan.asmik-ace.co.jp/index.html


印象にのこったことが3つ。

ひとつめ。北海道の空気感。
実はワタシ、DNAはしっかり道産子。
両親とも北海道民です。
私自身は暮らしたことはないのですが、
春夏秋冬訪れたことがあり、やはりDNA??
画面を見て、温度や空気の匂いを感じました。

ふたつめ。原田知世さんの衣裳。
ふんわりした、彼女らしい衣裳。
CMなどで見る、ミナペルホネンを着た雰囲気をもう少し身近にした感じ。

そして、最後に流れる主題歌「ひとつだけ」
http://www.youtube.com/watch?v=cCVuCwOQW5c
最近FM802で清志郎さんの「Oh!radio」がかかっていたので、
なんだか印象的でした。http://funky802.com/access/


お話は・・
納品の帰りでスッピンでよかった。
お化粧してたら大変なことになりそうでした^^


平日だしゆっくり見られるかと思ったら、今日は水曜日。
お得ですが混んでましたー
京都シネマの会員、復活しようかな?
[ 2012/02/15 19:31 ] 日々の話 | TB(0) | CM(0)

「ミセス全集1 きもの通 和服編」  文化服装学院出版局

浦野理一さんが気になっていた今日この頃。

浦野理一さん監修の、この本を買ってみました。

ミセス全集〈第1〉きもの通=和服篇 (1968年)ミセス全集〈第1〉きもの通=和服篇 (1968年)
(1968)
文化服装学院出版局

商品詳細を見る


カバーも素敵なんです!
http://www.mc-books.org/kobetu.php?id=1401
黒の背景に赤い帯締め・・やりすぎになりそうなのですが、かっこいい。

出版は1968年。ワタシも生まれておりません(笑)
実家の本棚の匂いがします(笑)


モデルさんの立ち姿が、今と全然違う。
肩のライン、首の位置。
なんだか女らしいのです。
今の着物雑誌のモデルさんが女性らしいなら
この本のモデルさんは女らしい。
あ~上手な言葉が見つからない。
(アイラインばっちりなのが原因ではないと思う・・^^)

浦野さんは縞や格子がすきだった、と何かで読んだのですが、
さすが、力を入れて紹介しています。

縞はともかく、格子はワタシにとっては鬼門なのです。
なぜなら、よく言えば穏やかで優しい、
悪く言えばメリハリのない顔のワタシ。
一歩間違うと、もっさい(京都に来てから覚えた言葉)感じになってしまうのです。

それが、この本の格子×無地帯コーディネートは素敵。
ワタシのぼんやり顔でもどうにかなるんじゃないか??と思わせてくれます。

浦野さんの経節紬地の無地帯が欲しくなります^^
もう作っていないこの帯。
リサイクルで見つけても、決してかわいいお値段ではありません。
でもいつか欲しいなぁ。


しばらくこの本をみて、ニヤニヤ出来そうです。
2012-02-14 13.12.11




[ 2012/02/14 13:08 ] 着物や布の話 ・・着る | TB(0) | CM(0)

帯揚げコーディネートしてみました・その1

和心菊のキクちゃんと企画した帯揚げ、コーディネートしてみました♪

(若干ピントが合ってないところは..目をつぶってください~)


まずは銘仙&ポリの帯と。
2012-02-12 12.51.13

ウール着物&木綿の帯と。
2012-02-12 13.08.08

片貝木綿とポリの帯と。
2012-02-12 13.15.00

2012-02-12 13.15.53

いやーかわいいデス♪自画自賛♪



昨日に引き続きinfomation。

ただいま絶賛予約受付中。
お引渡しは3月2日(大安)となります。
少数しか染めておりませんので、売り切れの際にはご容赦くださいませ。
価格は一枚4800円です。

福岡付近にお住まいの方でしたら、
本日12日と明日13日、相方キクちゃんが、レンタルスペース「カシマス」さんで販売会をしています。
そこで実物をお見せできますので、是非手にとって見てください。
詳細はコチラ

京都付近にお住まいの方は
ayakonomi.kyoto☆gmail.com(☆を@に変えてください)
までお問い合わせ下さい。


ayakonomi なかのあやこ






[ 2012/02/12 15:56 ] きものこもの屋 | TB(0) | CM(0)

オリジナル帯揚げの色、発表~!

お待たせしました♪

オリジナル帯揚げ、「ヒヨコ」と「メロンソーダ」です♪

2012-02-11 14.40.22

2012-02-11 14.55.58

比較対象に、マックフライポテトのケースも一緒に撮影^^


譲られたりリサイクルで見つけた昭和の着物に合わせることを想定して色決めしています。
スタイリッシュでも伝統色でもありませんが、使える色!と思います。
探すと意外とないのですよね、こういう「普通」の色^^
そして、なによりカワイイ^^
帯周りが明るくなります♪





ただいま絶賛予約受付中。
お引渡しは3月2日(大安)となります。
少数しか染めておりませんので、売り切れの際にはご容赦くださいませ。
価格は一枚4800円です。

福岡付近にお住まいの方でしたら、
明日12日とあさって13日、相方キクちゃんが、レンタルスペース「カシマス」さんで販売会をしています。
そこで実物をお見せできますので、是非手にとって見てください。
詳細はコチラ

京都付近にお住まいの方は
ayakonomi.kyoto☆gmail.com(☆を@に変えてください)
までお問い合わせ下さい。

気に入っていただけますように♪

ayakonomi なかのあやこ
[ 2012/02/11 18:34 ] きものこもの屋 | TB(0) | CM(0)

facebookの謎

最近facebook、活用しています。

2009年に登録してからずーっと放置していたのですが、
昨年からの世間の流れにしっかり乗っかってみました。



使いながら、分からないことがあると検索したりしていて
たどり着いたのが「エッジランク」。

facebookは基本実名登録。
「本当に親しいのかどうか?」が重視されるらしい。

カンタンに言うと、
こちらから相手に対してコメントする、「いいね!」を押す、ページを見る
というアクションをしないと、
相手のニュースフィードに自分の投稿が表示されなくなっていく・・らしい。
疎遠になるってことですね。
実社会と一緒。



コンピューターでこんなことまで解析して
コミュニケーションツールを作っちゃうなんて、頭のいい人ってすごい。

ワタシはこんなすごいものは到底作れないけど、
プログラムに翻弄されないで、利用するくらいでいたいなぁと思うのです。


[ 2012/02/10 13:17 ] 日々の話 | TB(0) | CM(0)

帯揚げ、あがってきました!~色へのコダワリ

先月染めに出していたキクちゃんとのコラボ帯揚げ、あがってきました♪

白生地屋さんで、広げる前に巻いてある渦巻き状のワキのところをみただけで「カワイイ!」
広げてまた「カワイイ!」


色って気持ちに作用すると思うのだけど、
今回の帯揚げは、「ワクワク」します♪

キクちゃんのところにも無事到着。
キクちゃんのママが、カワイイ名前を思いついてくれました。




ここで、私たちの色へのコダワリを語ってみます!

そもそも、ワタシとキクちゃんの間で決めていた色の方向性は、
「タンスの中の、お母さんの着物を可愛く見せる色」
おうちにある着物、頂いた着物を着る人って多いと思うのです。
ワタシも母や親戚から頂いた着物を良く着ます。
それからリサイクルの着物も。
共通するのは「昭和の着物」。

知り合いのカメラマンさんと色の話をしたことがあります。
その人が言っていたのが、「色が時代を表す」
今の色と母の若かりし頃の色は、どこか違うと思うのです。
昭和40年代以前に生まれた方(私も^^)、コドモの頃の写真・・ちょっと違うでしょ?

でも、古臭いんじゃなく「可愛いものはカワイイ!」
昔の着物、可愛いですもんね♪
ワタシ、昭和のウールのファンなのです♪

昭和の着物は、受け継いだりリサイクルショップで見つけることが出来るけど、
何故か帯揚げは少ない。あっても落ち着いたピンクかオレンジのリンズばかり。
今売ってる帯揚げでも合わせられるけど、もっと昭和の着物に合う色が欲しい・・

それなら染めてもらっちゃえ!ということで、
「お母さんの着物を可愛く見せる色」を発掘してきました~

白生地屋さんで見せてもらった色見本、最近出してなかったものを見せてもらった、と以前書きました。
昔の色見本をだしてもらったのです^^
たまらなくかわいく素敵な色がいっぱいでした♪
この色見本帖が欲しくなりましたもん。




あ、それから、黄色黄色と思い悩んでいましたが、
もう一色作りました♪
これまたおしゃれな色です。
これね、目を惹くんじゃないかなぁ。






色をお見せするのは、準備中。
コーディネートしてお見せしたいと思っています。

販売は来月の予定。
日にちが決まったら、また書きます♪


[ 2012/02/09 13:25 ] きものこもの屋 | TB(0) | CM(0)

そしてまた布!

土曜日はテキスタイル・マルシェでを満喫~自宅で仕事~Kaoで友達のグチを聞く・・という満喫コース。
(しかもこの日は早朝に、高速バスで京都に帰ってきた!^^長い一日だったー)



日曜日は、着物タテヨコ会で閉めてしまう染め工場さんのを頂きに行く~白雪と白梅展に行った友人達と合流してゴハンと、またまた周りの日。

タテヨコ会、どなたが来るのか知らないまま行ったら、
お久しぶりのフーさん(フーさんのお友達に銀座で会った!!びっくり!)、
こちらもお久しぶりのむさんもいらっしゃったのでした。
さすが周り着物周り。

工場はこんな感じ。
2012-02-05 14.09.09
あれ?画像ひっくり返ってる?
薄暗い中、ネクタイ用の染め上がった地があちこちに山盛り。

山盛りの中から掘り出す・・という作業、あまり得意じゃないのです・・
混雑したバーゲン会場も苦手。
お昼に生徒が殺到する購買部でパンを買うのも苦手だったなぁ・・


というわけで、早々に離脱し、目の前のマルフクバーガーへ。

こんなのー♪
2012-02-05 15.21.41
バンズがさくさくで美味しかった♪

発掘作業終了後、はっと思い出して、Let's BAZZZZAR〜暮らしの道具の巻〜へ。
初めてお邪魔するイシスさん、素敵空間でした♪


その後、むさんのお使いにくっついていってから一旦帰宅。

自転車で出直して、白雪と白梅展チームと合流。
お茶会だったものだから、皆キレイな着物姿。
ワタシはほこりの中に突入してたから、超普段着(笑)
着物チームが「カレーがいい!」と言うので、新風館Namaste Taj Mahalへ。
お店に入ってから、着物チームはショールや手ぬぐい被ったり、カレーからのガードに必死^^
2012-02-05 19.51.31
ワタシのチキンカレー&チーズナン。美味しかった♪
ここ、穴場かも♪
たくさんしゃべっておなかいっぱいになりました。





この日たくさん頂いた布は、まずは洗う予定。
それからどうしようかな?
ほかにもらわれていった布が、どんな風になるのかも興味ある!
また皆さんに聞いてみよう♪


テキスタイル・マルシェ in 京都

行ってきました、テキスタイル・マルシェin京都

街の布地屋さんで見たことの無いような布がたくさん!
そして、メーカーさん自ら、布地の説明をしてくれる!
もう布好きとしては、たまらない展示会でした♪

色々迷って迷って購入したのが以下の布たち。
写真がうまく撮れなくて・・どれももっと素敵です。


まずは大阪府泉大津の樽井繊維工業さんのウール。
2012-02-04 12.37.14
ニットじゃないんです。織地。

泉大津は、国内の毛布の一大産地なんですって。知らなかった。
ウールだけじゃなく、綿・麻・シルク混、いろいろありました。
社長が首に巻いてたシマシマの布地もかっこよかったー♪
とても丁寧にたくさん説明してくださいました。

袖口つけて衿ぐるっとつけて、羽織れるようにするつもり。
残りはスカートにしたらかわいいかな?


次。行方工業さんのシルクシャンタンと袴地。
2012-02-04 12.35.37
どちらもハギレです。

行方さんとは、イベント用のツイッターアカウントで知り合ってから2年越し初対面!
やっとお会いできた~と感動^^

シルクシャンタンは半衿にするつもり。
この袴地、実際は若草色でかわいいんです。がま口に出来るかな?


そして大城戸織布さんの不思議な布^^
2012-02-04 12.36.29
写真がうまく写らないのですが、かっこいいんです!!

こちらのメーカーさんの布は、ほんとに私の好きなテイストが多くて、
見ていて飽きない。そして大城戸さんのお話が面白い^^
ステンレスの糸を入れて織った布(電気を通す!!)とか、
柿渋で染めてから墨をスプレーした絞りの入った布とか・・

色々作ったら、ブログにアップしますっておっしゃってました♪

これはヘコ帯2本取って1メートルくらいあまるから、バッグにしようかな?



他のメーカーさんも、素敵な布がたくさんありました!

本日19時まで。
また次回が楽しみです♪


プロフィール

中野彩子

Author:中野彩子

キモノプランナー/和裁士
関東出身。京都在住。

学生時代には洋裁を、その後京都に来てから市内和裁所にて和裁を学ぶ。
お仕立て・和裁教室・商品開発アドバイス・コーディネート・販売・カタログ通販誌監修などなど、着物周りの何でも屋さん。
街に溶け込む自然なきもの姿でありたい、と思う日々。

連絡先:ayakonomi.kyoto☆gmail.com (☆→@)

月別アーカイブ